失敗しない、かつらの購入方法

①    カタログを取り寄せて、各社の比較をしてみる
今までは、かつらに関する情報が少なかったのですが、現在ではサービス向上のために、かつらを紹介したカタログを郵送するサービスをおこなっているところが多くあります。
まずはこれらのカタログを実際にとって、比較をしてみることが重要です。
また、カタログがない会社の場合(ネット通販専門)はホームページなどにも情報があるので、掲載されている情報をしっかりと把握してみることが大事です。

②    実際に店に足を運び、目で見て手に触れる機会を持つ
各社から取り寄せたカタログである程度の情報を収集したら、次は実際にお店に出向いて、どんなかつらなのかを目で見て手で触れる機会を得ましょう。
自分の用途をきちんと把握して実際に試着したほうが良いでしょう。つむじやわけめをカバーしたいならつむじ付トップピースを、全体を隠したいならフルウィッグをなど。
また例えば、円形脱毛症や、抗がん剤などが原因なのであれば、ウィッグによっては素材や、通気性の関係で頭皮を痛めてしまう・・・ということにもなりかねません。
一方、ネット通販などの場合は、この段階でしっかりとサービスに関する詳細を各社ホームページから問い合わせてみましょう。
かつらの寿命は2~3年といわれています。高価なかつらを買って次のかつらが必要な際にローンが残ってしまう、ということにもならないように気をつける必要があります。

③    疑問点はしっかりと聞き、情報収集をする
実際に来店して、商品を見せてもらったり、説明を受けてください。
この段階で見積もりがもらえたら、しっかりともらうことも大事です。また実店舗がない場合も、問い合わせのフォームや、メールの問い合わせはできるので、疑問点はしっかりと聞いて情報収集をしてください。

④    支払方法の確認
各社クレジット会社の取り扱いが可能な場合が多いので、ローンを組むこともできます。また、現金での一括支払いも可能です。ほとんどの場合は、契約時に支払い方法を詰めますが、この点が不安な方は、必ず見積もりをもらう時に確認しておきましょう。頼めば、ローンの計算も一緒にしてくれる場合もあります。

⑤    購入先の決定
ご自身で検討した結果で、購入先を決めて、契約となります。
通常の店舗で、オーダーをする際の一般的な流れです。
カウンセリング(希望を細かく伝える:ヘアスタイル、髪の質感、カラー、分け目の大きさや位置)

採寸(頭の大きさ・形)

試着

購入

定期的なメンテナンス
メーカーや買うカツラの種類によって違う点もあるかとはおもいますが、上記がおおまかな流れです。
あとは、実際に納品されるのを待つだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です