かつらの修理方法

かつらは毎日使い、取り外せないタイプなどは、かなり長い時間を装着した状態でいます。かつらの毛の量が減ってきたり、ベースの部分が破れたりと必ず痛みはでてくるものです。
そこで、大事になってくるのが「かつらの修理」です。
実際には、購入した会社で修理を行うのがもっともスムーズな流れですが、最近は別会社のものでも修理を請け負うところなどができたりもしています。

・修理の種類
①    少なくなった部分に毛を追加する。
修理で基本になる毛の増量は多く実施される修理ですが、ベースが痛み過ぎている場合や、毛の量が多すぎるかつらの場合は実施できないことがあるようです。
一般的に毛を追加する修理は数万円~程度で対応している会社が多いようです。
②     かつらのベースが破れたものを修理する。
ベースの破れ修理は、ケースバイケースでの修理になる可能性が高いといえます。破れてしまった場所や、その大きさなどによって、かつらの根本に影響がでてしまうので修理ができなかったり、大きな金額がかかってしまう場合があるようです。少しだけのベース破れであれば2~3万円程度で対応している会社が多いようです。
③    取り付ける金具などを修理する
金具などの取替えは、ほとんどの場合がその場で簡単にできる修理になります。特殊なかつらを除いて、装着するための金具などの交換は、千円~数千円程度で対応している会社が多いようです。

・修理の裏ワザ
修理の利用に関しても、ポイントがあります。
それは「かつらの毛の量が部分的に減った場合などはすぐに増毛の修理をする」ということです。
なぜか、かつらの一部の毛が減った場合、その部分が次第に大きくなることが多くあります。そこで大きくなってしまうと、余計な出費とかつら本体へのダメージが大きくなります。とにかく、ちょっとでも部分的にかつらの毛が抜けてしまった時には、早めに修理を実施しましょう。

・修理の注意点
修理する=かつらをメーカーの工場などに送るということになります。そこで問題になるのが、修理期間中のかつらの利用です。
多くの方がこのようなかつらが壊れるケースを想定して、スペアと呼ばれる同じカットで同じタイプのかつらをもう1つ購入されていることが多いようです。ご本人が、修理の期間や壊れた場合にもかつらがなくても問題ないという場合は、1つで対応されています。この点を考えないでかつらを購入される方がいるので、この点はよく検討のうえ購入をしてください。
また、最近は、期間契約や使い捨てタイプなどの登場もあり、実際に修理を必要としないタイプのサービスもあります。修理が不明な場合、こういったサービスをご利用されるのも一つの良い手段だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です